長崎の大村公園がチームラボによってデジタルアート空間に大変身!幻想的な雰囲気を体感できるのは7月2日まで!

長崎県にある「大村公園」は大村市のシンボル。

季節によって、桜や菖蒲が見頃となり、豊かな自然を楽しむことができる憩いの場となっています。

自然だけでなく、大村公園内には、大村神社や玖島城跡、玖島崎樹そうがあり、歴史を感じさせてくれる場所もあります。

そんな大村公園の自然や街並みを活かして、チームラボが面白いイベントを仕掛けてくれました!

2017年6月3日から7月2日にかけて、「大村の神社に浮遊する球体 呼応する城跡と森」が開催されています。

チームラボによって、デジタルアート化された大村公園を見られるのは、今がチャンス!

今回は、「大村の神社に浮遊する球体 呼応する城跡と森」の見ドコロをご紹介します。

スポンサーリンク


「大村の神社に浮遊する球体 呼応する城跡と森」

開催されている期間は2017年6月3日〜7月2日までとなっています。

開演時間は19:00〜22:00、最終入場は21:30まで。

入場料は、大村市内の人であれば、大人500円、高校生以下無料。大村市外の人は、大人800円、中高生300円、小学生以下無料となっています。

小雨の場合は開演するようですが、どしゃ降りなど荒天の場合は中止になることがあります。

駐車場は「大村公園前」の信号機を曲がったところにある駐車場を無料で利用することができました。

チケットは大村公園内の2ヵ所で販売されてあります。

こういった看板を目印にしながら、チケット販売所に向かいましょう。

大村市民であるかどうかは、自己申告で、運転免許証など住所が確認できるものを提示するといいそうです。

大村市外の人でも、大村市内宿泊施設や飲食店の登録店で割引チケットを入手し、提示すれば300円引きになるんだとか。

入場受付までの道のり

駐車場から大村公園に入ると、明かりで照らされた木々の中に突如として現れる鳥居。

ここは、チームラボが手掛けた場所ではないんですが、すでに神秘的なオーラを放っています!

桜田の堀の近くのチケット販売所でチケットを購入して、入場受付に向かいました。

途中には、石垣のトンネルもあり、ちょっとしたアドベンチャーとなっています(笑)

「梅ヶ枝荘」の前にある階段を登って行った先に、入場受付がありました。

入場すると、「大村神社に浮遊する、呼応する球体」「呼応する城跡」「呼応する森、玖島崎樹そう」の3つの見ドコロを順番に体感していくことになります。

石垣に映し出される光のアート「呼応する城跡」!

入場受付をしてすぐのところに、迫力満点な鳥居が佇んでいました。

この鳥居をくぐって、大村神社へと向かいます。

城跡の痕跡が残る石垣には、光が当てられ、音とともに、色が移り変わっていく様子を楽しむことができます。

石垣一面、同じ色のときもあれば、グラデーションのようになるときもあって、とても綺麗でした。

白い壁と石垣が奥まで続く道を歩くのも、また一興。

光の変化によって雰囲気が変わる石垣は、まさに歴史とデジタルを融合させたアートとなっていました。

触れることで光の色が変化する「大村神社に浮遊する、呼応する球体」!

大村神社の境内には、たくさんの光る球体が散りばめられてあって、この光景にビックリ!

こんな光景、今まで見たことがなく、本当すごかったです!

人も多く、ここが一番賑わっていました。

特に、子どもが一番楽しそうで、球体を触ったり叩いたり動かしたりして、遊んでいる様子が印象的でした。

光の球体は、人が叩いたり何かにぶつかったりして衝撃を受けると、光の色を変化させ、近隣の球体が呼応し、同じ光の色に変化していく仕組みとなっています。

浮いているように見える球体が、人々の手によって、様々な色に変わったり、同じ色になったりと、幻想的な空間を作り出していました。

球体はふわふわと宙を漂っていて、手を伸ばせばすぐに触れることができます。

触ってみると、空気の入った柔らかい球体で、当たっても全く痛くありません。

大村神社の境内を歩いていると、急に飛んできた球体に当たることも(笑)

自然そのものがカラフルなアートになる「呼応する森、玖島崎樹そう」!

玖島崎樹そうは、玖島城が廃城となった後、人の手が入らず、林が自然の状態へと戻り、大木を含む樹そうとなった自然林の森なんだとか。

自然の森そのものが、カラフルな光で彩られたアートな森へと大変身していました!

赤、ピンク、黄色、黄緑、緑、水色、青、紫といった色の光が移り変わりながら、木々をどんどん染めていきます。

その様子を写真に残したくて、カメラで何十枚も撮っていました!

一枚の写真にほぼ全ての色が写っている写真が撮れると、嬉しくなるもんです(笑)

生い茂る葉っぱや木の幹に色が重なってできる幻想的な世界に、ため息が出そうになります。

自然の木がシルエットになっているのも、まさに自然のアート!

これは、玖島崎樹そうでたまたま発見することができた一枚。

木の幹のところにある影がハートに見えませんか?

枝の切り口に光が当たってできた影が偶然ハートに見えたんだと思います。

光の当たる角度によっても、見え方が違ってくるので、これを発見できて、本当ラッキーでした!

なんか良いことありますように♡

大村公園の見ドコロ、再発見!

大村神社での祈願!

大村神社では、上記のようなことを祈願することができます。

ちなみに、大村神社のご利益は「諸願成就」「一族・子孫繁栄」となっています。

立ち寄られた際に、お参りされてはいかがでしょう?

30万本が咲き誇る花菖蒲園!

見頃は少し過ぎてしまっていますが、まだ咲き続けている花菖蒲を見ることができました!

夜はライトアップされているので、また一味違った印象の花菖蒲を見ることができますよ。

梅ヶ枝荘の焼き立て梅ヶ枝餅!

大村神社へと向かう途中にある「梅ヶ枝荘」では、焼き立ての梅ヶ枝餅が販売されています。

1個130円となっていて、1個からでも購入することができます。

展示を見る前のちょっとした腹ごしらえに、見終わった後のちょっと甘い物欲を満たしたいときに、ふらっと立ち寄れるお店です!

私も帰りに誘惑に負けて、梅ヶ枝餅を買って帰りました。

焼き立ての梅ヶ枝餅は美味しかったですよ〜!

Haru
普段の自然や街並みが光や音のデジタルによってアートになっていて、見応えがありました!

このイベントで、いつもとは全く雰囲気の違う大村公園を楽しむチャンスです!

興味のある方はぜひ、足を運んでみてください。

「大村の神社に浮遊する球体 呼応する城跡と森」