泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が福岡のパルコに登場!設備や雰囲気や料金はどうか…実際に女子が泊まってみた!

パルコに本と宿泊施設が融合した面白い場所ができました。

東京、京都についで福岡は3つめとなる、泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」!

「好きなことをしていたらうっかり寝てしまった」なんて、最高に幸せな「寝る瞬間」を本をテーマに用意してくれているホステルです。

1泊「BOOKSHERF STANDARD(1室1名まで)」は4800円(税抜)、「BUNK DOUBLE(1室2名まで)」は6800円(税抜)となっていて、天神の中心部でこの料金で泊まれるホテルなんて、なかなかありません。

安く泊まりたい、本が好きで本に囲まれたい…って人にはぜひ利用してもらいたい場所です。

どんなサービスがあるのか、どんな設備があるのか、セキュリティーは大丈夫かなど、泊まる前に気になることがあるかと思います。

実際に、女子である私が泊まってみましたので、感想を交えながら、部屋の様子などをお伝えしていきます。

泊まりたいけど、ちょっと心配・・・って方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


福岡パルコ新館の6階にある「BOOK AND BED TOKYO」

宿泊するためには、まず予約が必要です。

「BOOK AND BED TOKYO」の公式WEBサイトで予約ができますので、そちらをチェックしてください。

13時から17時まではデイタイムでの利用もでき、1時間500円となっています。(フリータイムもあります。)

黒い正方形のところからスタッフがお出迎えしてくれますので、受付はそこで行います。

ホテルと同じように、名前や住所などを紙に記入していきましょう。

その後、スタッフから、カードキーと部屋にあるボックスの鍵を受け取り、利用の仕方などの説明を受けたら、受付終了です。

Haru
お支払いは?

クレジットカードかnimocaなどの交通ICカードのみ。現金は使えないのでご注意ください!

スタッフに泊まる部屋まで案内してもらいました。

寝る部屋はなんと、本棚の裏にあるんです!

面白い構造ですよね。

「BOOK AND BED TOKYO」の中ってどうなってるの?

部屋は1人用と2人用の2タイプ

こちらが1人用の「BOOKSHERF STANDARD」のお部屋。

1人で寝るには十分な広さ!

こちらが2人用の「BUNK DOUBLE」のお部屋。

1人用よりも広いベッドになっています。

1室料金で、2人で宿泊ができるので、1人当たり3400円になってかなりお得!

カップルで利用している人もいましたよ。

Haru
話し声は聞こえる?

廊下から話し声は聞こえてきましたね。

また、「BUNK DOUBLE」の部屋だと隣から聞こえてくる話し声が気になりました。

2人で過ごすときは、小さい声を心がけましょう。

部屋の中に備え付けられているもの

部屋には、鍵付きのボックスと耳栓がありました。

鍵付きのボックスは財布などの貴重品を入れておけます。

耳栓は無料で使用することができます。

Haru
荷物って預けられないの?

荷物は基本、部屋の中に置いたり、出掛けるとき荷物も一緒に持っていったりすることになると思います。

貴重品は鍵付きのボックスに入れておくと安心ですよね。

どうしても荷物のことが気になるって人は、別の部屋にロッカーがあるみたいなので、スタッフの方にお尋ねください。

部屋にはブックライトが必ずあり、部屋を明るく照らしてくれます。なんとも暖かい光で、ほっとする明かり。

手に持っているのは、ボックス用の鍵と出入りするときに必要なカードキーです。

Haru
部屋に鍵はついていないの?

寝る部屋にカーテンがついているので、それを閉めることで、プライベート空間を確保します。

「BOOK AND BED TOKYO」に入るには、カードキーがないとは入れません。そこはセキュリティーがされてあるので、安心です。

Haru
出入りは自由なの?

チェックインをしたら、出入りは自由!

カードキーがあれば、何時でも「BOOK AND BED TOKYO」に入ることができます。

営業時間を過ぎたパルコは閉まっていますが、6階に通じる専用のエレベーターがあって、そこから入れるようになっています。

共有スペースでは、飲食が可能

廊下に置かれてあるソファーは誰もが使える共有スペースとなっています。

広いソファーだったら、寝転びながら本を読んだりすることもできますよ。

本棚に囲まれたソファーは、本を読むのに集中できる空間となっています。

この共有スペースが飲食が可能となっているエリアです。

Haru
持ち込みOK?

持ち込みして大丈夫でした。

私はパルコの中にある「ゴントラン シェリエ」のパン屋さんで買ったパンを食べました。

クロワッサンが美味しくて、オススメですよ。

電子レンジやバルミューダのトースターが使える

電子レンジやトースターがあるので、持ち込んだものを温めて食べることができます。

トースターはなんと、「バルミューダ」

1台2万円以上する高級なトースターなので、試す価値ありますよ。

トイレやシャワールーム、洗面所は共同で利用する

トイレは手前に2つ、シャワールームは奥側に3つあります。

一番奥のシャワールームにはトイレもついていました。

Haru
朝の時間帯は洗面所を利用する人が多く、混雑する場面もありました。

そんな時は、「BOOK AND BED TOKYO」を出て、右側にあるパルコのトイレを利用するのもアリだと思います。

脱衣所もあり、このくらいの広さがあれば十分なシャワールーム。

シャワールームは24時間いつでも利用できます。(デイタイムでは利用できません。)

ドライヤーは24時~翌朝7時までは使用できないことになっています。

その時間は寝ている方もいるので、そういった配慮がされているのはありがたいですね。

ふかふかのスリッパが履ける

室内で使えるスリッパはふかふかの履き心地!

リラックスして過ごすことができます。

パジャマのレンタルもある

「BOOK AND BED TOKYO」のパジャマは1500円でレンタルすることができます。

その他、気付いたこと

Haru
  • 幅広いジャンルをカバーした1800冊の本は、小説から漫画、絵本、旅行ガイド、英語の本まで揃っている
  • Wi-Fiも使えるし、コンセントも至るところにあって、便利
  • スタッフの方がフレンドリーで、話しかけてくれるので、楽しく過ごせる
  • スタッフの方がお洒落に写真を撮ってくれた
  • 寒いときはスタッフにお願いしたら、ブランケットを貸してくれる
  • ビールやおつまみの販売もあった
  • 歯ブラシなどのアメニティセットの販売もある

一泊してみての感想

本に囲まれたこの空間で寝泊りすることなんてなかなかないので、非日常感を味わうことができました。

新たに面白い本との出会いもあり、一日中居ても飽きません!

部屋の中が薄暗いので、ずっと本を読んだり、パソコン画面を見ていると、目に疲れを感じることがありました。

そういったときは、休憩をしたり、目薬をしたりして、目を労わることも大事!

私も愛用している「養潤水」を寝る前に使うと、次の日スッキリしますよ。

1人で泊まっている女子も結構いたので、安心して泊まることができました。

安いカプセルホテルに泊まるよりは、こっちに泊まる方が設備的にも雰囲気的にも料金的にも断然オススメです!

BOOK AND BED TOKYO 情報

WEB  BOOK AND BED TOKYO
住 所  福岡県福岡市中央区天神2-11-1福岡パルコ新館6階
デイタイム  13:00~17:00
宿 泊  チェックイン16:00 チェックアウト11:00
お支払い  クレジットカード、交通系ICカード
アクセス  福岡市営地下鉄「天神」駅より直結

この記事は2017年4月29日に訪れた際の情報を基に作成しています。

合わせて読みたい福岡のおすすめ情報!

福岡パルコのグルメを満喫!刺身のせ放題や明太子クリームうどんにクロワッサンといったうまいもんが勢ぞろい!

2017.05.03

福岡の水族館を楽しむならリニューアルした「マリンワールド海の中道」がオススメ!新たな見どころやショーで見られる可愛い姿をご紹介します!

2017.04.21

福岡グルメが味わえる、デートにぴったりなお店特集!どのお店の料理も本当に美味しいので、お腹も心も満たしてくれること間違いなし!

2017.04.29

天神周辺のおすすめパンケーキ3選!カフェ好き女子がハマる美味しいパンケーキが食べられるお店はここだ!

2017.04.06