福岡から広島まで、新幹線で5550円の日帰り旅行が神プランだった!広島の名物を堪能した広島グルメ編!

広島までの日帰り旅行は、福岡から新幹線でなんと5550円!

どうしてこんな料金で行けたのかというと、阪急交通社の「往復JR新幹線で行く!Go!Go!広島フリープラン 日帰り」を利用したからです。

このプランは新幹線の往復と広島電鉄1日乗車券がついているので、とってもお得&8時間以上もフリーに観光できるので、大満足なプランでした。

前回は、宮島観光編ということで、宮島を中心に観光した内容をお伝えしましたが、今回は、まだ書ききれていないグルメ情報をお届けします。

前回の記事はこちらです。合わせてどうぞ。

福岡から広島まで、新幹線で5550円の日帰り旅行が神プランだった!厳島神社やロープウェーまで楽しんだ宮島観光編!

2017.05.20

スポンサーリンク

 

JR宮島口駅の通りにある「あなごめし うえの」

「あなごめし うえの」は創業明治34年で、「あなごめし」は当時、駅弁当として販売されたのが始まりなんだとか。

開店前から、穴子飯を目当てに来るお客さんが多く、すでに行列ができていました。

とりあえず、お店の入口で名前とお弁当1つということを伝えて受付させてもらいました。

お店で食べるよりも、穴子飯弁当の方が手に入りやすいので、時間のない人には弁当の方がオススメです。

穴子ぎっしり、穴子飯弁当(1944円)をいただきます!

色のついたご飯の上に、ぎっしりと穴子が敷き詰められているではありませんか!

穴子はふっくらした身の部分と弾力のある部分があり、噛めば噛むほど、穴子の香ばしさや旨さが口いっぱいに広がっていく・・・これは美味しい!

お弁当なのに、このクオリティーが出せることに、老舗の凄さを感じます。

正直、値段がお高いので、穴子飯を買うのにためらいましたが、買って後悔はしませんでした!

穴子を贅沢に味わえるので、広島で食べたいグルメの1つと言えますね。

「あなごめし うえの」情報

≪営業時間≫10:00~19:00

≪定休日≫年中無休(水曜日は弁当のみ)

≪電話番号≫0829-56-0006

ヒルナンデス!で紹介された「BIG SET」

多い日で1日2200個も売れるという「牡蠣カレーパン」が名物となっているお店です。

広島の名物である牡蠣とカレーパンのコラボだなんて、これは食べるしかない!

牡蠣がまるごと2つも入った牡蠣カレーパン(400円)をいただきます!

カレーパンに思いっきりかぶりつくと、中から現れたのは、2粒の牡蠣!

こんな丸ごと牡蠣が入っていて、400円という値段は嬉しいですね。

何個も買って帰って、福岡でも食べたいくらい!

牡蠣のエキスを吸い込んだカレーパンは、本当美味しかったです。

食べ歩きにもぴったりな牡蠣カレーパンはおすすめ!

「BIG SET」情報

≪営業時間≫8:00~18:00

≪定休日≫不定休

≪電話番号≫0829-44-2343

ミシュランガイドに掲載された牡蠣専門店「牡蠣屋」

ミシュランガイド広島2013年に掲載されたことのある「牡蠣屋」は、選び抜かれた牡蠣をいただける牡蠣専門店となっています。

焼きがき、かきフライ、かきめしといったメニューが揃い、また、ワインの品ぞろえも豊富で、牡蠣とワインを一緒に楽しむことができます。

ぷりっぷりの焼きがき(2ヶ600円)をいただきます!

焼きがきをテイクアウトにしてもらったので、その場でいただくことができました。

焼きがきの大きさにまず驚きました!

1粒1粒が大きい!

牡蠣の品質だけでなく、火力の大きさにもこだわっているからこそ、この最高レベルの焼きがきを堪能することができるのです。

味付けは何もせず、海の塩味だけで味わいます。

これがまた良くて、牡蠣そのものの美味しさを存分に味わうことができました。

この美味しさをもう一度味わいたくて、帰り際に立ち寄ってみたのですが、牡蠣が無くなっていて終了しているとのことでした。

牡蠣を食べるなら、午前中~お昼を狙って行きましょう!

「牡蠣屋」情報

≪営業時間≫10:00~18:00(牡蠣が無くなり次第閉店することも)

≪定休日≫不定休

≪電話番号≫0829-44-2747

揚げもみじを食べながらカフェスペースで休憩できる「紅葉堂 弐番屋」

創業明治45年になる「紅葉堂」では、表参道商店街に本店と弐番屋の2店舗あります。

本店では、焼き立てのもみじ饅頭を食べることができます。

弐番屋では、町屋を改装したカフェスペースで、揚げもみじや揚げもみソフトといったスイーツをいただくことができます。

揚げたての揚げもみじ(180円)をいただきます!

揚げもみじは紅葉堂の登録商標となっていて、試行錯誤して完成したものらしいです。

揚げもみじの種類はあんこ・クリーム・チョコ(限定品)の3種類がありました。

揚げたての揚げもみじは、外側がサクサク、内側からとろーり溶けだすチョコとふっくらしたカステラ生地が相まって、ペロリと食べてしまいました。

これも食べ歩きにピッタリのスイーツです。

「紅葉堂 弐番屋」情報

≪営業時間≫9:30~18:00頃

≪定休日≫不定休

≪電話番号≫0829-44-1623

チーズ入りもみじ饅頭を始めた元祖のお店「ミヤトヨ本店」

チーズ入りもみじ饅頭の生みの親である「ミヤトヨ本店」。

元祖であるチーズ入りもみじ饅頭を求めて、わざわざこちらまで足を運ぶ人もいるほど、多くの人に親しまれています。

チーズ入りもみじ饅頭以外にも「あーもんどちょこ」や「ブルーベリー風味あずきこしあん」といった珍しいもみじ饅頭があって気になるところ。

しかし、今回は、暑い季節にピッタリなアイスもみじ饅頭をチョイスしました。

ひんやりスイーツ、アイスもみじ饅頭(1個120円)をいただきます!

アイスもみじ饅頭の種類はバニラ、ストロベリー、抹茶、広島レモン(写真左側)、ベルギーチョコ(写真右側)の5種類がありました。

冷凍庫の中に入れられたもみじ饅頭を取り出すと、ひんやり冷たい。

カラフルにトッピングされてあって、見た目にも可愛いスイーツです。

もみじ饅頭の中に、アイスが入っていて、新感覚&新食感のもみじ饅頭でした。

ロープウェーで弥山に登り、山道を歩いた後だったので、冷たいものを欲していた私は、このアイスもみじに救われました。

「ミヤトヨ本店」情報

≪営業時間≫9:00~17:30

≪定休日≫無休

≪電話番号≫0829-44-0148

広島駅のASSE2階にある「よっちゃん 駅ビル店」

広島駅に併設されたASSEの2階は、飲食フロアとなっていて、お好み焼き屋さんの他、居酒屋やカフェなどが並んでいます。

広島駅から行きやすい場所にあり、お好み焼き屋さんも6軒あるので、お好み焼きを食べるなら、こちらを利用するのはアリですね。

今回は「よっちゃん」のお好み焼きを食べてきました。

広島名物お好み焼き(肉玉のそば&うどん各760円)をいただきます!

最もシンプルで人気のある肉玉にしました。

キャベツやもやしなどの野菜がたっぷり入っていて、豚バラ、麺、玉子が使われています。

そばはカリカリになっているところもあり、他の具材とよく合うんですよね~。

広島お好み焼きのうどんも食べてみました。

麺をうどんにしているお客さんは私だけだったので、そばにする人がほとんどなんでしょうね・・・

うどんは柔らかめの食感で、麺に太さがあるので、ボリュームを感じました。

そばとうどん、どちらも食べてみましたが、私はそばの方が好みです!

「よっちゃん 駅ビル店」情報

≪営業時間≫11:00~22:00

≪定休日≫第3水曜日

≪電話番号≫082-262-2969

帰りの新幹線、宮島ビールで乾杯!!

新幹線に乗る前に、お土産コーナーで見つけた「宮島ビール(1本506円)」を買っておいたんです。

帰りの新幹線の中で、乾杯するのもなかなかいいもんですよ♡

まとめ

Haru
広島名物の穴子飯、牡蠣カレーパン、焼きがき、揚げもみじ饅頭、アイスもみじ饅頭、お好み焼き…と日帰りでも、こんなに美味しいものをいただくことができました!

中でも、焼きがきは本当美味しかったので、また食べに行きたいくらい。

お好み焼きもお店によって、美味しさや見た目が変わったりするので、まだまだ美味しい発見がありそうです。

阪急交通社への申し込みはこちらから。

≪格安旅行がいっぱい≫阪急交通社の格安国内旅行